ビール乾杯の文化とは

最近、乾杯のビールが苦痛と言う話を聞く。
乾杯の際にひとなめでも良いからビールに口をつけろと言うのが嫌という話も聞く。

確かに、ビールが苦手と言う人もいるだろう。ただ、何故乾杯ビールの文化になったのか…考えた事はあるだろうか?

恐らく、瓶詰めのアルコールで一番アルコール度数が低いからだ。

人数いるところで、乾杯の為に1度に飲み物を用意するのは難しい。式典であるから、アルコールの必要があり、瓶詰めのアルコールで一番度数が低いビールになったのだ。海外ではシャンパン乾杯、ワイン乾杯もあるが、bar以外でカクテル乾杯はない。同じ理由だろう。

ビールがいやなら、ウィスキーで乾杯すれば良いじゃない。ハイボールではなく、ストレートだぞ?

給与とは

給与とは労働の対価である。
それは間違いない。
では、給与に使うお金はどこから来るのか?

ここに頓着してない人が多すぎると、私は思う。

給与のお金は会社が出してくれる。
それは間違いない。
会社のお金はどこから来る?
お客様(顧客)からくる。
では、お客様は何故お金をくれるの??
お客様がサービス或いは商品の対価としてくれる。

つまり、お客様あっての給与なのである。そして、お客様が何にお金を出しているのかを考えるべきだろう。
そこに、お客様にとってのお金を払う理由(付加価値)があるのである。

要は、お金を払ってでもやって欲しい。
と言う事である。

今、自分が仕事と思ってしている仕事は、本当に仕事なのだろうか?
付加価値を生んでいるのだろうか?
自分の給与分の付加価値が無ければ、会社の誰かに養って貰ってるんだろう。
誰も給与分の付加価値を作れなければ、その会社は潰れるのである。

給与とは

給与とは労働の対価である。
それは間違いない。
では、給与に使うお金はどこから来るのか?

ここに頓着してない人が多すぎると、私は思う。

給与のお金は会社が出してくれる。
それは間違いない。
会社のお金はどこから来る?
お客様(顧客)からくる。
では、お客様は何故お金をくれるの??
お客様がサービス或いは商品の対価としてくれる。

つまり、お客様あっての給与なのである。そして、お客様が何にお金を出しているのかを考えるべきだろう。
そこに、お客様にとってのお金を払う理由(付加価値)があるのである。

要は、お金を払ってでもやって欲しい。
と言う事である。

今、自分が仕事と思ってしている仕事は、本当に仕事なのだろうか?
付加価値を生んでいるのだろうか?
自分の給与分の付加価値が無ければ、会社の誰かに養って貰ってるんだろう。
誰も給与分の付加価値を作れなければ、その会社は潰れるのである。

給与とは

給与とは労働の対価である。
それは間違いない。
では、給与に使うお金はどこから来るのか?

ここに頓着してない人が多すぎると、私は思う。

給与のお金は会社が出してくれる。
それは間違いない。
会社のお金はどこから来る?
お客様(顧客)からくる。
では、お客様は何故お金をくれるの??
お客様がサービス或いは商品の対価としてくれる。

つまり、お客様あっての給与なのである。そして、お客様が何にお金を出しているのかを考えるべきだろう。
そこに、お客様にとってのお金を払う理由(付加価値)があるのである。

要は、お金を払ってでもやって欲しい。
と言う事である。

今、自分が仕事と思ってしている仕事は、本当に仕事なのだろうか?
付加価値を生んでいるのだろうか?
自分の給与分の付加価値が無ければ、会社の誰かに養って貰ってるんだろう。
誰も給与分の付加価値を作れなければ、その会社は潰れるのである。

情報化社会と恋愛とは

情報化社会と言われてから、もう四半世紀近いだろうか?
当時、メモリー64MBのデスクトップパソコンでも数十万円だった。
今から20年前位でも、メモリー512MBのノートパソコンが30万位した。

今や、メモリー8GBのスマートフォンが8万円しない。

デジタルデバイスとその環境は文字通り指数的に進化した。
それに伴い、人々が接する情報量も指数的に増えた。

人と人との繋がりも、季節の挨拶の様な文通は廃れ、電話すら廃れ、Lineの個々のやり取りも下火になり、Twitterの様な間接的なやり取りも増えた。

なぜだろうか?
個人的には人が接する情報量が増えた結果、こうあるべき、と言うマニュアルが増えたから、ステレオタイプが増えたからと考える。

それにより、恥ずかしい思いをしたくない、バカにされたくない、失敗したくないと言う思いから、直接的に人とやり取りするのが苦手になっていないだろうか?

本来、人と人との繋がりとは、もっと多様で、おおらかなものでは無いだろうか?自分で自分を、あるいは人を必要以上に締め付けていないだろうか?
そのなかで恋愛とは、最大の失敗を恐れる行為なのだから、やりにくいだろう。
もっと、楽にしていいんだよ。

情報化社会と恋愛とは

情報化社会と言われてから、もう四半世紀近いだろうか?
当時、メモリー64MBのデスクトップパソコンでも数十万円だった。
今から20年前位でも、メモリー512MBのノートパソコンが30万位した。

今や、メモリー8GBのスマートフォンが8万円しない。

デジタルデバイスとその環境は文字通り指数的に進化した。
それに伴い、人々が接する情報量も指数的に増えた。

人と人との繋がりも、季節の挨拶の様な文通は廃れ、電話すら廃れ、Lineの個々のやり取りも下火になり、Twitterの様な間接的なやり取りも増えた。

なぜだろうか?
個人的には人が接する情報量が増えた結果、こうあるべき、と言うマニュアルが増えたから、ステレオタイプが増えたからと考える。

それにより、恥ずかしい思いをしたくない、バカにされたくない、失敗したくないと言う思いから、直接的に人とやり取りするのが苦手になっていないだろうか?

本来、人と人との繋がりとは、もっと多様で、おおらかなものでは無いだろうか?自分で自分を、あるいは人を必要以上に締め付けていないだろうか?
そのなかで恋愛とは、最大の失敗を恐れる行為なのだから、やりにくいだろう。
もっと、楽にしていいんだよ。

環境を保存すると言うこと

動植物も昭和らしい雰囲気なども、世界遺産も、保護、保存すると言うことは素晴らしいとは思う。

しかし、その反面、本当に良いのか?
と言う気持ちも拭いきれない。

環境も雰囲気、文化も刻々と変化するものである。例えば昔のレシピで作った料理は必ずしも美味しくは無い。
昔の技術で作る家はコストが高くメリットもデメリットも大きい。

町並みや雰囲気は、今はノスタルジーを感じる人がいるから、観光として成り立つが100年後は無理だろう。
すると、維持するコストもかかるし、そこに生活する人が人柱のようになってしまう。

時代の変化と共に場所やコスト、技術継承等のリスクが上がるのである。しかし、温故知新と言う言葉がある通り、保存されたものから学ぶ事も多い。歴史なのである。何でもかんでも保存するだけでなく、持続性を如何に担保するかも考える時期が来ているのではないか